スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルアタ眼鏡エーフィ


 エーフィ@拘り眼鏡
 サイコショック/マジカルシャイン/シャドーボール/目覚めるパワー炎

  特性│臆病
  性格│マジックミラー
 個体値│31-*-31-30-31-30
 努力値│H20 B36 C248 D4 S200
 実数値│143-*-85-181-116-170

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 陽気ガブの地震耐え(93.8%)
 C- H振りメガサナをシャドボ→サナ瞑想込みシャドボで確定
   控えめHBニンフィアをサイコショックで確2
   H振りナットレイをめざ炎で一発(93.8%)
 S- 最速102族抜き調整



*説明
恐らく一番扱いが簡単で難しいであろう眼鏡エーフィ
CSベースで眼鏡を持ってアタッカーするというシンプルな型で上から殴るだけと簡単に思えるがそうではない
これらは他の眼鏡持ちと比較しながら説明しよう


・眼鏡ダース
S130族から電気タイプの一貫の取りやすさとめざ氷との相性から技範囲はそれなり
技範囲ではこちらも負けていないのだが、彼には最大の武器ボルトチェンジを持っている
通常の一貫を取る戦法から眼鏡ボルチェンで負荷をかけつつサイクルを回すといった二通りの使い方がある

・眼鏡ニンフィア
ブイズ内最遅のS60族なので基本下から殴ることになり、他のブイズのサポートが無ければ連続突破は難しい
良くも悪くもフェアリーなので一貫を取りやすくはあるが最も対策されやすい
だがやはりその安定した火力は魅力的なもの

・眼鏡シャワーズ
S65族だが耐性の良さ、耐久の高さで安定して二発受けれる場合が多く、腐りにくい
だがやはりSの遅さからニンフィアと同じく連続突破は難しい
メインウエポンに110技のハイドロポンプとサブウエポンに冷凍ビーム、めざパとこれだけでかなりの範囲をカバーできる
問題点はドロポンを外すことか


じゃあ眼鏡エーフィを使う利点は何?と言われると真っ先に思いつくであろう答えが拘りトリック
だがそんなものは搭載していない!

このエーフィの真の目的は一貫全抜きエース
つまりはボルトランドコントロールのフィニッシャーと似たようなもの
他のブイズで削りを入れ最後にこのエーフィを降臨 C130族の広い技範囲からのダイレクトアタック!
そのため出来るだけ技範囲を確保、トリックも不要というわけです
高いSと火力、そして技範囲を兼ね備えたエーフィだからこそ出来ること
もちろん普通の殴り合いに参加させてもおk


これだけの説明を見た限りでは扱い簡単じゃない!と思うかもしれません せやな
難しいと感じるのが普通の殴り合いになったとき
エーフィの攻撃はよく半減以下で受けられます
なので持ち前の技範囲を活かし交代読みでジャストに攻撃をぶち当てなければいけません
そしてエーフィの耐久は悲しいことに受け出し一回が精いっぱい
ここぞの一発の読みをミスれば物置同然になります
さらには机上論エーフィが主流なので火力が無い読みでバナにすら居座られる場合があります
これらが眼鏡エーフィの扱いを難しくしている要因です
殴り合いになった場合には覚悟しておいてください()

最後に
技に関してですがサイコショックは確定で残りは割と自由枠だったりします
サイキネ/未来予知/草結び/めざパ(岩・地面)等が候補ですね
やっぱりエーフィ特有の拘りトリックをしたい!と思う方はトリックを入れてもいいでしょう(技範囲は狭くなりますが)
耐久調整に関してもあってないようなものなので思い切ってCS特化にしてもいいかも
自分なりにカスタマイズしてみてください!
スポンサーサイト

悪タイプメタナモエーフィ


 エーフィ@ナモの実
 サイコキネシス/マジカルシャイン/めざめるパワー格闘/嘘泣き

  特性│マジックミラー
  性格│臆病
 個体値│31-*-30-30-30-30
 努力値│H20 B112 C152 S224
 実数値│143-*-94-169-115-173

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 意地キリキザンの珠不意打ちをナモ込み耐え(93.8%)
 C- 嘘泣きサイコキネシスでHD特化メガフシギバナ一発(93.8%)
 S- 最速105族抜き(準速120族抜き)



*説明
まさかのエーフィで悪タイプを相手しよう計画。
エーフィの前には悪タイプがホイホイ飛んできますね?
バンギラス、キリキザン、サザンドラ…
さらには色んなところから不意打ちが飛び交うこの環境。
そいつらを逆に狩るのがこのエーフィの仕事です。

ナモの実は、効果が抜群になる悪タイプの技を半減させる効果があります。
調整欄にもある通り、このエーフィは「A特化キリキザンのタイプ一致珠不意打ちまで」耐えることができるのです。
つまりは不一致悪技程度普通に耐えるわけです。

ローブシンの叩き落す・57.3%~67.8%
霊獣ランドロスの叩き落す・58.7%~69.2%
メガバシャーモの叩き落す・62.9%~74.8%
メガクチートの不意打ち・76.9%~90.9%
メガガルーラの不意打ち・43.3%~51.7% + 43.3%~51.7%

流石にメガクチートの叩き落すまで行くと辛いですが、これがナモの実の力です。(ドヤァ
交代際に嘘泣き+攻撃技で倒しましょう。嘘泣き→身代わりでもおkです。
…と、ドヤ顔したいわけですが残念ながら一番の仮想敵であるバンギバナ・キリキザンに当たらない(白目
やはり対策したポケモンには当たらない謎の法則みたいなのがあるんでしょうかね…それにしても火力足りない←

襷トリックルームエーフィ


 エーフィ@気合の襷
 サイコショック/マジカルシャイン/目覚めるパワー地面/トリックルーム

  特性│マジックミラー
  性格│臆病
 個体値│31-*-31-30-30-31
 努力値│H4 B4 C248 S252
 実数値│141-*-81-181-115-178

*調整
 特になし



*説明
…すいません、前の襷エーフィの技構成一つ変えただけです。本当にありがとうございました。

ってだけでは済ませませんよ!何が違うってそりゃ一つしかないけどトリックルーム!
このトリックルームという技ですが、何が素晴らしいかというと高速アタッカーの蔓延している現環境で上から殴られるしかないブイズ達が生き返るように活躍する奇跡の手なんです。
まず元々襷エーフィで相手できるポケモンは抑えてあります。メガゲンガー、ヒードラン、ファイアロー、サザンドラ、バシャーモ…

ここで問題です。こちらは場にサザンを倒したあとで襷を消費しHPが1のエーフィ、控えにブラッキーがいます。そこにバシャーモが出てきました。絶望の対面です。
→相手はここでエーフィを確実に抜くために守るを選択してきます。普通のエーフィなら何もできずに加速後のバシャーモに上から叩かれ倒れてしまいます。
ではここでトリルを使ってみましょう。

 バシャーモの 守る!
 バシャーモは 守りの体制に入った
 エーフィの トリックルーム!
 エーフィは 時空を歪めた
 [バシャーモの加速] バシャーモの 素早さが上がった

この場合どちらが先手で動くことができるか?そう、エーフィです。

 エーフィの サイコショック!
 バシャーモは 倒れた!

このように、普段ならありえない勝ち筋を引き寄せることができます。
今のは一つの例えですが、正直この対面が一番多いです。エーフィを確実に仕留めようとバシャでの甘えた守る、それを許さないトリックルーム。エーフィで二体も持っていけば素晴らしいと思いませんか?
行動順を変えることでこちらのペースに持っていきトリル消費後もそのアドバンテージを活かして押し切る。
上からニンフィアのハイボだとか、先制を取れるブラッキーだとか。とにかく強いです。
”シングルでブイズでトリックルームなんて…”そうお思いの方も試してみることをおすすめします。


因みにとあるブイズ勢の方にこのエーフィを貸し、その方フリーへ行ったのですが使いこなせずに撃沈してました。
向き不向きがあるみたいです(((

珠嘘泣きエーフィ


 エーフィ@命の珠
 サイコキネシス/シャドーボール/マジカルシャイン/嘘泣き

  特性│マジックミラー
  性格│臆病
 個体値│31-*-31-31-31-31
 努力値│H60 C228 S220
 実数値│148-*-80-179-115-173

*調整
 H- 10n-2(珠ダメ小)
 C- 嘘泣き珠シャドボでH振りギルガルド一発(93.8%)
 S- 最速105族抜き



*説明
前回の珠エーフィを使っていたときの事でした。

 初手バナ読みエーフィ!よし!出し勝ちだ!!!
 さて、居座ってくることも想定してサイコキネシスだ!
 交代…出てきたのは…ギルガルド?
 ブラッキーに交代して…イカサマ!
 交代…フシギバナ……あれっサイクル負けしてね?

>>▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂<<

つまり、エーフィはガルドに勝てないので交代せざるを得なく、エーフィでしか倒せないポケモンと組まれるとサイクル負けしてしまいます。残念ながらギルガルドというポケモン、ブイズパにはガンガン飛んできて…
その時の為に欠伸を入れていたのですが、これが何とも微妙…

だったら?どうするかって?前回書いた”ガルドに珠シャドボが二発”というのを利用します。
しかし二発で倒そうと交代読みで打つとガルドの弱点保険が発動、影うちで勝ち筋共々吹き飛ばされてしまいます。
そこで出てきた”嘘泣き”。
嘘泣きするぐらいだったら交代読みで二発当てればいいという自論でしたが、これを利用することによって何と弱点保険を発動させずに一発で倒すことができます!素晴らしい!
これでガルド+エーフィでしか倒せないポケモンの並びを突破できますね!

確定技にサイキネ(嘘泣きなのでサイキネ一択)/シャドボ/嘘泣きで、残りの一枠は基本自由です。
シャインにしたのはエーフィのエスパー技を受けに来るサザンやゲッコウガに対して打つ用ですね。
余り使わないのでバンギバナを意識するなら草結び、その他各種めざパなどご自由にカスタムしてください。


毎回恒例の”対策すると出てこない現象”。実は今回も発生しました。

珠めざ炎エーフィ


 エーフィ@命の珠
 サイコキネシス/マジカルシャイン/草結び/目覚めるパワー炎

  特性│マジックミラー
  性格│臆病
 個体値│31-*-31-30-31-30
 努力値│H68 B12 C184 D12 S232
 実数値│149-*-82-173-117-174

*調整
 H- 10n-1調整
 B- 陽気ガブの地震確定耐え
 C- H振りメガハッサムを珠めざ炎で確定一発
 D- 控えめロトムの眼鏡10万+珠ダメ確定耐え
 S- 最速105族抜き抜き



*説明
何故か机上論エーフィを使いたくない私氏、今度は珠エーフィのようです。
フルアタにすることによって範囲を広げました。
アタッカーエーフィだと色々技のカスタムが効きますが、今回はめざ炎を入れました。

皆さんは既に知っているかと思いますが、なんとPGLのランキングにナットレイが入ってきました。(1月27日現在)
対策してもやはり仕事をされるこのナットレイというポケモン、どうにかして自分のPTでも対策したい…そこで出てきたのが珠エーフィ。
最初は瞑想をして珠めざ炎で焼き切るというのを想定していましたが、PGLを見るあたり叩き持ちが多い。これじゃ珠を叩き落されて確定圏内に入れることが出来ない…だったらどうするか?二発で仕留めればいい。
ということで二発で仕留める方向で調整を進めました。控えめ珠で倒す方針だとどうしても控えめにせざるを得ませんでしたが、二発で仕留める場合だとなんだ臆病でいいじゃないか。
そして瞑想を積む必要が無いので思い切って全て攻撃技のフルアタにしました。
確定一発とまではいきませんが大抵のアタッカーなら7~8割削ることができます。強い。
マンダ意識のマジシャ、バンギやラグ意識の草結びですが、余り打つ機会が無いので別の技に変えてもいいかもしれません。私は途中でサイクル戦意識で草結びを切って欠伸を入れました。
因みに珠シャドボでH振りギルガルドが乱数二発(90.2%)、珠めざ岩で無振りメガリザY乱数一発(93.8%)です。参考までにどうぞ。

やっぱり高速アタッカーって強いね。
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。