スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想しないねむカゴニンフィア<改>


 ニンフィア@カゴの実
 ハイパーボイス/目覚めるパワー炎/電光石火/眠る

  特性│フェアリースキン
  性格│控えめ
 個体値│31-30-31-30-31-30
 努力値│H164 B140 C112 D4 S88
 実数値│191-76-103-158-151-91

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 意地バシャの珠フレドラ耐え(93.8%)
 C- 191-160ナットレイをめざ炎で食べ残し込み二発(96.9%)
 S- S20振り65族+3



*説明
耐久ラインは前回のニンフィアと同じだが火力ラインを下げ素早さを上げたニュータイプ めざパのタイプも変わっている
引き続きガッサやバシャへの強さが期待できるままネックだった同族との素早さ勝負にほぼ確実に勝てるよう配分
地面から炎に変わっためざパでナットを相手取れるようになった

問題点としてはやはりめざパの変更によるドランへの有効打の喪失 ナットを狩る代償だ仕方ないとしよう
より浮き彫りになったのが火力不足 他に削る部分が無かったとは言え今まで相手に出来ていたルカリオを倒せなくなったのはとても痛い 前回のニンフィアと使い分けになるか?
難しいところである


さて話すことが無くなってしまったのでニンフィアのめざパの話でもしよう
今までニンフィアのめざパは大体炎と地面両方の個体を育成してきているがやはりどちらの方が良いというのは無く、両方良いのです
人によってはめざ炎一択!だったり私はめざ地面が好きだったりするのだが、究極的には好みであると言える
もしかしたら岩も強いかもしれませんよ?
ブイズ内でこうもはっきりしてないのは他はエーフィぐらい
ポジティブに捉えれば柔軟に使い分けれるということなので、PT単位で見て苦手なポケモンを見れる方を採用すれば良いのです
なのでこういう育成論に「炎」や「地面」と一方だけが書いてあっても両方を育成した方が良いというのが持論です(めざパ用に火力調整が入ってる場合は除く)

私は流石に時間とモチベが足りないので全てのニンフィアのめざパ違いVerを育成してるわけではないですが、一つの参考になれば幸いです
スポンサーサイト

瞑想しないねむカゴニンフィア


 ニンフィア@カゴの実
 ハイパーボイス/目覚めるパワー地面/電光石火/眠る

  特性│フェアリースキン
  性格│控えめ
 個体値│31-30-31-30-30-31
 努力値│H164 B140 C200 S4
 実数値│191-76-103-170-150-81

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 意地バシャの珠フレアドライブ耐え(93.8%)
 C- ハイボ+石火で耐久無振りバシャーモを乱数(93.0%)



*説明
私のシャワーズの型を参考にして作られたニンフィアを参考にしたニンフィア(ややこしい)
シャワーズよりメインウエポンも石火も火力が出るよ!
そしてこのニンフィアの強さはそう!対ガッサ性能の高さ!

ブイズにとってガッサの処理は死活問題
シャワーズは即タネガンで倒されるし、ブラッキーも眠らされて削られるし、ブースターも…
そんなガッサを確実に倒せる夢のようなニンフィア!
考えてみれば普通に思いつくものですがみんなねむカゴするなら瞑想したかったりめざパ欲しかったりで石火がいつの間にか無くなって本末転倒
瞑想なんて要らないじゃない!火力に振ったハイボ石火で殴ればええんや!
というのが今回のニンフィア

対ガッサだけでなく広く扱え、汎用性が高い型だと言えます
問題を挙げるとするならば…めざパの部分に欲しいものが多すぎる
今回はドランと技範囲を意識しためざ地面ですがナットと対面しメザ炎ウチタイ…となることやゲンガーへの読める交代に対してショックウチタイ…や起点にされそうな場合にアクビウチタイ…ウチタイ……
色々欲しすぎる、全部作ってしまいたい
何が一番良いのかまだよくわかってないので未開拓です。(一応素ゲンガー状態でショック+石火で確定)

もっと知りたい方はおちゃ○けさんのブログへGO!

チョッキニンフィア


 ニンフィア@突撃チョッキ
 ハイパーボイス/サイコショック/目覚めるパワー炎/電光石火

  特性│フェアリースキン
  性格│控えめ
 個体値│31-30-31-30-31-30
 努力値│H164 B180 C104 D4 S56
 実数値│191-76-108-157-151-87

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 意地ハッサムの珠バレパン耐え(93.8%)
 C- ショック+石火で襷ゲンガー突破
 S- 4振り65族抜き



*説明
何故今の今まで育成してなかったのか不思議でならないチョッキニンフィア
その固さには目を見張るものがありました!(周知の事実)

冷静ギルガルドのラスターカノン 47.1%~56.5% 乱数2発(75%)
臆病ゲンガーのヘドロ爆弾 43.9%~51.3% 乱数2発(6.3%)
控えめメガリザードンYの火炎放射 41.3%~49.2% 確定3発
控えめロトムの眼鏡ドロポン 37.6%~44.5% 確定3発
控えめウルガモスの大文字 29.8%~35% 乱数3発(15%)

すごくつよい(小並感
使うとよく分かるのですが、見れる範囲がぐっと広がるのが実感できます
眼鏡より石火使えるこっちの方が良いんじゃないですか?(石火厨)
ガモスに対して後投げで良いのはとても安心できます

シンプルだが強力
種族値の暴力を実感できるチョッキ型
一匹は作っておいて損は無いですよ!(既に居る)

BCベース珠ニンフィア


 ニンフィア@命の珠
 ハイパーボイス/サイコショック/目覚めるパワー炎/電光石火

  特性│フェアリースキン
  性格│控えめ
 個体値│31-30-31-30-31-30(A30推奨)
 努力値│H68 B204 C200 D4 S32
 実数値│179-76-111-170-151-84

*調整
 H- 10n-1調整
 B- 意地鉢巻ガブの地震耐え(93.8%)
 C- 無振りメガゲンをショックで一発(93.8%)
   H振りメガクチをハイボ+めざ炎で確定
   H140-B4-D4バシャをハイボ+石火で確定
 D- C振りメガゲンのヘド爆耐え(93.8%)
 S- 4振り60族+3(ガルド意識)



*説明
お久しぶりです 涼色です。
イカで遊んでましたすいませんでした(白目)
ようやくモチベが戻ってきてさぁPTを作ろうと考えて新規に作る必要があった子をいくつか育成しました。

そのうちの一匹、珠ニンフィア(実は珠ニンフィア既にいるけど型が特殊すぎて…)
BCベースなのは前回のニンフィアとは打って変わって一度耐えて反撃”をテーマにしているからです。
耐久調整のようにこのラインで大体の攻撃は一発は耐えてくれます。
そこからのC振り珠ハイボ+石火!石火最高!

「…珠だと耐久削れるしもっと火力出て簡単な眼鏡でよくね?」
いいえ、珠の強みというのは皆さんもご存じ!撃ち分けが可能ということです!
耐久調整の欄をご覧ください!メガクチにこんな撃ち方を出来るのは球だけですよ!
眼鏡というのは技を縛り逆に相手にアドバンテージを与えてしまうことだってあります。
そんな隙を与えない珠ニンフィア!調整こそ単純ですが今の時代に合ってると思います。
珠だと石火も撃てるしね!


因みに久々の育成に当たってポケパルレを不用心にも起動してしまった私はポフレを頬張るイーブイを見て最後にこう言った…
「ぅゎぃーぶぃめちゃかゎぃぃ」
翌朝萌え死んだ涼色が発見さr

新調整眼鏡ニンフィア


 ニンフィア@拘り眼鏡
 ハイパーボイス/サイコショック/目覚めるパワー炎/寝言

  特性│フェアリースキン
  性格│控えめ
 個体値│31-*-31-30-31-30
 努力値│H164 B148 C96 D12 S88
 実数値│191-*-104-156-152-91

*調整
 H- 16n-1調整
 B- 意地っ張り珠バシャーモのフレドラ耐え(93.8%)
 C- H252D4振りメガハッサム確定一発
 S- 36振り65族抜き



*説明
以前の何の変哲もない眼鏡ニンフィアを育成しなおしました。
Sに振る必要性が薄いと言ったな、あれは嘘だ(殴
環境が変わりS実地89がひとつの基準になったようで、それを抜いたポケモンをさらに抜いたのがこのニンフィア。
Sに振るので物理耐久ラインを引き下げ、余った努力値をCに振りました。ま、あんまり変わんないんだけどね()
環境が落ち着きメガボーマンダの数が激減、たまに会うことはあっても大体特殊だったのでこの調整が丁度いいかと思われます。

ラストの寝言ですが、こちらは破壊光線と選択になります。
大まかに分けてガッサを見たいのなら寝言、カイリューを見たいのなら破壊光線かと。
シャドボも一応選択肢ですが、どちらにしろガルドはブラッキーで見るので(

サイクル戦になると眼鏡ニンフィアはやはり心強いですね。
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。