スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねが月光ブラッキー


 ブラッキー@ゴツゴツメット
 イカサマ/毒々/願い事/月の光

  特性│精神力
  性格│図太い
 個体値│31-*-31-*-31-31
 努力値│H228 B244 S36
 実数値│199-*-177-*-150-90

*調整
 S- 12振り65族+3



*説明
少し変わった技構成に見えるブラッキー 実はこれの守るを月の光に変えただけ
以前から私は”願い事を採用するならば守るを採用する”とセットで考えてきましたが、守るの使い方があまりよくないと某風歌氏に言われ考え方を改めました

その際に推されたのがこの願い事月の光両立型
状況によって二つの回復手段を使い分ける戦い方をします


まずはその前に通常の二種類の回復ソースにおいて解説しておきましょう

・月の光
メリットは即回復ができることと技スペースが一つで済むことです
スタンダートな回復技はやはり便利
ブラッキーというポケモンは欲しい技がたくさんあるもの、そういう点でイカサマと回復の他に二つ技を選択できるのが優秀です
デメリットはPPが少ないことと天候に左右されやすいことです

・願い事守る
メリットは味方の回復ソースになれることと相手に対して択を作れること
こちらが有利な対面で相手の後続にブラッキーに有効打が持てるポケモンがいる場合は願い事が安定択になることが多いです
天候に左右されない点や回復で2ターン分スリップダメージを稼げる点もメリットですね
デメリットは技枠を2枠埋めてしまうことと不要な択を作ってしまうこと、回復に1ターンラグが発生してしまうことです


端的に言えば
月の光はデメリットが少ない分自身の回復ソースにしかなれないが、ねがまもはデメリットも多い代わりにメリットも多く味方の回復手段にもなれるという性能を持つのです
この二つを状況によって使い分けることによりそれぞれのメリットを有効的に扱えるのがこの型というわけです
技枠のメリットはどうしようもなかった

基本は月の光で立ち回りますが、相手の交代際や積み技を誘う場合に願い事を打ちます
最初から月の光を隠し願い事を使っていく場合もあります
私と同じ考え方の御方が多いようで「願い事があるなら守るがあるな」と勝手に錯覚してくれます
こちらには実際守るは無いわけなので選択肢には上がりません。相手はこちらの「第五の技」を勝手に警戒してくれるのです
この「錯覚してくれている」状態が試合を有利に進める要因になってくれたりします 使う際には気にしてみてね


ねがまもに比べ守るでの様子見ができなかったり飛び膝透かしができなかったりし、月の光一本に比べ技スペのメリットが無い型ではありますが「相手の行動操作」や「対面操作」に秀でているのがこのブラッキーの特徴です
その分突破力や詰めにいまいち欠けるのでそこそこ耐久のあるアタッカーと組ませると良いかもしれません!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。